研究所概要

(社)認知症高齢者研究所は、認知症高齢者に対する介護のあり方について、従来の介護者の経験や感覚だけに頼る方法ではなく、長年にわたる臨床データを蓄積し、科学的な分析に基づくケア理論として“Kyomation Care”を提唱・実践し、普及のための教育や研究を重ねています。

法人概要

名称 社団法人 認知症高齢者研究所
所在地 〒224-0032  神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央20-14-401
TEL:045-949-0201
FAX:045-949-0221
代表者 代表理事  羽田野 政治
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央20-14

事業目的

(社)認知症高齢者研究所は、一般に広く、認知症に関する正しい知識・対処法・治療・介護等の情報を提供し、理解を深めていただくことで、認知症の方やその家族、それを支える介護従事者の精神的、身体的不安を軽減することを目的として設立しました。

認知症に関する講演会やシンポジウムの開催、ケアモデルの研究、開発事業を行うと共に、関連する脳機能障害や行動心理症状の改善の啓発を行い、共生の社会づくりに寄与します。

主な事業内容

認知症の患者と家族のために・・・

  1. 認知症の患者と家族の支援事業
  2. ネットワ-ク構築支援事業
  3. 介護交流事業
  4. コンサルテーション
  5. 各種施設の紹介事業

介護保険法に基づく事業

  1. 居宅サービス事業
  2. 地域密着型サービス事業
  3. 居宅介護支援事業
  4. 施設サービス事業
  5. 介護予防サービス事業
  6. 地域密着型介護予防サービス事業
  7. 介護予防支援事業

医療・福祉・介護の向上のために・・・

  1. 研修会及びセミナ-事業の運営
  2. 出版・出版物等の提供事業
  3. 医療・福祉・介護の連携を諮るために情報の共有化を行うためのICTを活用したネットワ-クの開発と運営
  4. 認知症の病態と介護技術の研究

沿革

2000
認知症高齢者研究チームを発足し、羽田野政治らが、介護現場での認知症患者の臨床データの蓄積を始める

A study team started to investigate elderly people with dementia.
2001
カナダアルバータ州立大学院リハビリテーション医学博士の宮崎雅子らと共に「Kyomation理論」を構築

2002
認知症高齢者研究室を設立
在宅看護介護国際学会(カナダ・トロント)にて、Kyomation Careを提唱し、理論と実践について「バリアティフルケア Japan/Canada」と題して発表
Kyomation Careの教育を介護施設に導入
「LIFE」をテーマに2泊3日のKyomation Trainingを開始
日本介護福祉学会にて、「KyomationCare‐自己決定にむけた共感的理解と肯定的尊重のケア」を発表
スペインカルロス3世在宅医療福祉健康学会にて、「Change of the state of clients at the practice of Kyomation Care」を発表

Hatano proposed "Kyomation Care" at an international conference on home nursing and caring held in Toronto Canada,
A laboratory of senior dementia was established.
2003
国際シンポジウム(スペイン・マドリッド)にて、脳科学を応用した認知症研究を報告

A brain science study on dementia was presented at an international symposium(Madrid,Spain).
2004
日本MDS学会にて、「痴呆高齢者グループホームにおけるMDS2.1を利用したケアプラン作成と事例報告」を発表
日本介護福祉学会、日本認知症ケア学会などにてキョウメーションケア実践臨床経過報告を続ける

Clinical Kyomation Care practices were reported at the japanese Association of Research on Care and
Welfare and the Japanese Society for Dementia Care.
2006
日本介護福祉学会にて、「認知症高齢者における排泄パターンと睡眠パターンの解析およびグラフの作成」
「認知症高齢者の転居時における情報伝達と不適応防止」を発表
日本認知症ケア学会にて、「認知症高齢者グループホームにおける大腿骨頚部骨折者の保存的療法事例報告」
                 「Kyomation Careの実践:グループホームでの取り組みから」
                 「大脳皮質の分類と機能の関連整理からみたBPSD軽減への取り組み~Kyomation balance sheetの作成と活用」(1)(2)を発表
2007
日本認知症ケア学会・地域における認知症対応実践講座(東京会場)において「最先端認知症介護 Kyomation Care」を講演
2008
韓国地域社会学会にて「Kyomation Care」(基調講演)を行い、Practices Prizeを受賞
日本認知症ケア学会にて、「睡眠・排泄パターングラフを用いた生活リズム改善への取り組み~入居者一人ひとりに合わせた生活リズムの構築を目指して~」
                 「BPSDに対する医療と介護の連携による効果」を発表
ソウル市老人福祉施設協会がKyomation Careの実践現場を視察し、業務を提携

Kyomation Care was presented at the meeting of the Korean Association of Regional Sociology and won the Practice Prize.
2009
日本認知症ケア学会にて、「Kyomation Care Systemの構築 ~科学的根拠に基づく適切な情報の共有と活用~」を発表
日本老年精神学会にて、「大脳皮質の分類と機能の関連整理からみたBPSD軽減への取り組み」としてKBS:Kyomation Balance Sheetを報告

Kyomation Balance Sheet(KBS) was reported at a meeting of Japanese Psychogeriatric Society.
2010
韓国作業療法高齢化親化政策学会と教育事業共同業務協約を締結
国際脳機能マッピング学会(スペイン)にて「Trial to reduce the BPSD by the functional localization of the cerebral cortex」を、羽田野政治と東京女子医科大学名誉教授 岩田誠、横浜市立大学名誉教授 小阪 憲司らと共同研究にて発表
日本認知症ケア学会の石崎賞受賞 「Kyomation Balance Sheetの活用とKyomation Careの展開」

Effects of KCIS "Trial to reduce the BPSD by the functional localization of the cerebral cortex" were reported at the Annual Conference of the Society
for Brain Mapping and Therapeutics(Barcelona,Spain)
2011
老年社会科学会にて「認知症サービスの質とKCISの可能性」を発表
老年精神医学会にて「各認知症疾患における睡眠障害の傾向」を発表
横浜市内に一般社団法人認知症高齢者研究所を設立
介護福祉学会 「在宅介護におけるターミナルケア」を発表
日本認知症ケア学会の石崎賞を受賞(2年連続)「地域包括支援ネットワークにおけるKCISの活用」~地域に暮らし続けるためのケアマネージメントによる取り組み~

Kyomation Care Interface System(KCIS) was presented at a meeting of the Japan Society for Dementia Care and won the Ishizaki Award.
2012
社団法人認知症高齢者研究所を設立
神奈川県地域連携拠点整備研究事業にてKCISを採用
カトリック社会福祉会主催 韓国学会で講演 『地域包括ケアの実現』~KCIS(Kyomation Care Interface System)を核に認知症の未来像実現へ~
日本介護福祉学会「地域連携拠点整備研究事業地域包括ケアの推進可能性と検証」を発表
日本認知症ケア学会 「地域連携拠点整備研究事業地域包括ケアの推進可能性におけるKCISの活用」を発表

KCIS practices were reported at a meeting of the Japan Society for Dementia Care and won the Ishizaki Award for the second consecutive year.
KCIS was adopted in the Kanagawa regional alliances base improvement research project Dementia Institute was founded.
2013
日本老年精神医学会にて「MRI画像とKyomationbalancesheetをもちいた認知症介護支援への基礎的検討」を発表
日本ケアマネンジメント学会にて「定期巡回・随時対応型訪問介護看護におけるインフォーマルの活用法」を発表
日本介護福祉学会にて「定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスに於ける在宅ケアの可能性と問題点」を発表
日本認知症ケア学会にて「定期巡回・随時対応型訪問介護看護に於ける認知症ケア」を発表

Basic investigation of dementia care by using MRI imaging and KBS at a meeting of Japanese Psychogeriatric Society(Nov.29) Patent obtained on infomation processing device and method(No.5419300)
2014
日本介護福祉学会にて「24時間地域巡回訪問サービス(定期巡回・随時対応型訪問介護看護)における情報共有システムの活用と実践」を発表
神奈川県認知症対策推進事業「神奈川県認知症介護人材育成・連携支援委託事業」を受託

Kanagawa prefectual project for promoting dementia measures and
Kanagawa prefectual commissioned project on dementia care
personnel and cooperation support were commissioned.
2015
日本介護福祉学会にて「専門職として就労した24時間定期巡回型訪問サービスの重要性」を発表
日本ケアマネジメント学会にて「ドイツに住む家族介護者の心的苦痛への支援~KCISによる継続的アセスメントと遠隔介護・看護の実際」を発表
日本の介護を取り入れた介護施設の運営やスタッフ教育等の「思本老齢事業」を中国深圳にて開始する

The Importance of 24-hour Regular Home Visitation Service Positioned as a Professional Job” was presented at the Japanese Association of Research on Care and Welfare.
Support for The Family Care Giver with Emotional Trauma Living in German ~ Continuous Assessment by KCIS and The Actual Remote Care and Nursing” was presented at the Japan Society of Care Management.
"Span Old Age Industrial”, which include staff education and management of care facilities that incorporates Japanese care system, started in Shenzhen, China.
2016
第7回アジアリーダーシップカンファレンスにて「Kyomation Care」を発表
日本認知症ケア学会の石崎賞を受賞「大脳皮質機能局在による認知症ケア」~Kyomation Balance Sheetによる行動・心理症状緩和の試み~

Kyomation Care was presented at the 7th Asian Leadership Conference.
Won the Ishizaki Award of the Japanese Society for Dementia Care Official Site with “Dementia Care with Functional Localization of Cerebral Cortex” ~ An Attempt to Relieve Behavioral and Mental Symptoms with Kyomation Balance Sheet~.

講演実績

  • 船井総合研究所
  • 住友信託銀行
  • 第一生命
  • 全国グループホーム協議会岐阜大会
  • DLB研究会
  • DLB家族を支える会
  • 名古屋市医師会
  • 日本認知症ケア学会
  • 日本介護福祉学会
  • 鎌倉市
  • ワタミの介護
  • トラストガーデン
  • シティインデックスホスピタリティ
  • ベネッセスタイルケア
  • アライブメディケア
  • 株式会社 学研ココファン
  • 北海道・四国GH研修会
  • 韓国アンヤン大学特別講演
  • ニチイ学館
  • カトリック社会福祉会主催 韓国学会
  • 社会福祉法人 泉陽会
  • 社会福祉法人 秀峰会
  • 横浜市福祉サービス協会
  • 神奈川県委託事業 よりそいノート講演
  • アジアリーダーシップカンファレンス

順不同

ご挨拶

hatano

平成26年の段階で、認知症を有する高齢者数は497万人MCI軽度認知障害者数468万人を含めると、65歳人口3296万人に対して比29.2%と推計され、約3人に1人が認知症もしくは認知症予備軍と推定されています。                              平成17年の調査依頼、認知症患者は増加の一途をたどっています。 近年、認知症における行動・心理症状(BPSD)が顕著な方への適切な支援方法について様々な研究実践の成果が発表されていますが、専門職間でも十分な情報の共有が行われておらず、実践でのチームケアに生かしきれない現状が未だ存在します。この背景には、介護職員に対して適切な教育機会が不十分であることが指摘されています。 認知症に関する十分な理解が図れなければ、介護現場においてお年寄り一人一人にあった適切な対応ができず症状が悪化し、介護負担が増加するという悪循環が懸念されます。これらの課題を乗り越えるために今必要なことは、まず認知症ケア実践の法則化(理論化)であり、実践的な検証が急務ではないかと考えています。

私は以前より、認知症は病態の種類や程度によって差異はあるものの、対人関係によって困難を来たし、安定感を見失う病気と考え、その対応には病態の特徴を理解しなければならないと考えていました。なぜならば、認知症の方は日常生活の場面において表出する生理機能の歪みは、脳の障害が関係していると考えていたからです。

私が師事する岩田誠先生【日本神経学会認定神経内科専門医 日本神経心理学会名誉会員】の言葉を借りれば、「認知症は、脳の病気によって引き起こされる脳の機能障害であり、脳の働きとその病態メカニズムをよく知れば、一見手に負えないように思われる不可思議な混乱状態も、脳機能障害に基づく病態として正確に理解することができ、それに対する理屈にあった科学的な対策を考えることが可能となる。」

私達は、病態イメージを13項目から導き出すことによって、認知症の方が的確に表現できない言動や行動が理解しやすくなるコミュニケーションメゾッドとしてKyomation Care(キョウメーションケア)を開発しました。これは、教育システムでもあります。

認知症の方への関わり方には100人100様の工夫が必要ですが、量と質が大きく影響することを配慮し、均一的な関わり方をしなければならないと考えます。このためKyomation Careでは、10カ条に及ぶアプローチに加え、常に態度や表情を13項目にわたって観察する方法を取り入れています。これにより、新人であっても、ベテランであっても、落ち着きや安心感を与える望ましい接し方を創造しました。

Kyomation Careは仮設思考型と呼ばれます。13項目の観察によって、論理的に認知症の方の内面にある言葉やヒントを読み取り、その行動を起こす要因を見出して、将来の症状等を予測するものです。 患者の持つ力を発見、十分に活用するケアプランを提示し、介護者の感性と知性、創造性によって実践していくものです。【相互作用=双方向のかかわり】という視点を大切にし、認知症の方の世界観に上手に入り込んで、症状の解消や緩和を導くプランを提案しています。

長い歴史を生き抜いた高齢者は、生活の中から生み出された多くの知恵や技を内に秘めています。今だけを見ていると、何も出来ないように感じてしまいがちですが、Kyomation Careでは、RDR(Retrospective Data Research)を役立て、過去に培った力を引き出します。得意なことや好きだったこと、誇れることなどのキーワードを家族から聴取し、ケアに活かせるヒントを抽出し共有できるように記録することで、ゆとりを持って行動を予見する予防保全的介護手段と考えています。

また、在宅における24時間サポートを効率よく行えるよう、※ ICTシステム“Kyomation Care Interface System:KCIS”を構築しました。地域コンソーシアム間の専門性を活用できるシステムです。行動評価法のMENFISや睡眠排泄パターングラフ、知的機能検査評価法、バイタルサインや食事量、水分量の比較検討グラフを用いて、認知症の方との接し方で具体的な表現方法などを示しています。このような仕組みを“Cyber Physical System:CPS”とよび、集積されたDataから価値を生み出し、役立て介護業務の自動化を図るものです。最近ではセンサーやデバイスにより記録も自動化されたIoT・IoEによるケアも始まっています。

Kyomation careを学ぶスタッフは、語彙(ごい)や表情を13項目で注意深く見ながらコミュニケーション能力を発揮できるように指導しています。時間と空間をともにし「寄り添う」ことに心掛け「今を楽しむ」ケアを認知症の方とともに行い、「快の感情を保障」することがKyomation Careの本質とも考えています。いわば「老いを遊ぶ」ことが理念でもあります。 このような取り組みを基に多くの実践者・家族・研究者の想いとご協力により、Kyomation Care研究会が設立されました。この活動がこれからの未来に向けて、認知症ケアを通じた社会貢献に繋がることを願っています。

※ ICT = Information and Communication Technology (情報通信技術)         IoT=Internet of Thing

(社)認知症高齢者研究所
代表理事 羽田野 政治


社団法人認知症高齢者研究所
Senior Dementia Institute

〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央20−14 松本ビルB館 4F
TEL:045-949-0201 FAX:045-949-0221
Copyright © 2011 Senior Dementia Institute. All Rights Reserved.


PAGE TOP