Up・date ★ココナツ・オイルが脳のエネルギー代謝に働いて認知症の改善が見られた★

脳が心を作り心が脳を育む、脳と心は時として信じられない力を見せ認知症ケアの中で
奇跡を起こすことがある。認知症ケアや治療の最新情報と奇跡を起こすケアや治療法などをUp・date
ココナツ・オイルがアルツハイマー病に(でも特定の患者に対してかもしれませんが)効くと言う話です:
https://www.youtube.com/watch?v=Dvh3JhsrQ0w
糖尿病とアルツハイマー型認知症の関係は、ホットな話題であり、分子的・細胞生物学的レベルでの研究が進んでるところです。
ココナツ・オイルが本当に脳のエネルギー代謝に働いているのかのメカニズムの解明はまだこれからですがココナツ・オイル中のMedium Chain Triglycerideが重要なのか臨床試験の結果を待っている状態です。
処方薬ではなく、また副作用も無さそうですのでアルツハイマー型認知症の方に勧めても良いかもしれません。ご参考までに・・・
アルツハイマー型認知症の認知障害について、ココナツ・オイルの摂取で改善する食事療法を提唱しているのが米国の医師メアリーTニューポート先生です。
若年性アルツハイマー型認知症を発症した患者に食べさせたところ、4時間後の認知機能検査で改善が見られたそうです。
やがて会話能力が向上するなど、認知機能の進行を食い止めることができたという。
オイルを毎日取れば、認知症予防も出来るというのだ。
ココナツ・オイルは肝臓でケトン体に分解され、エネルギー源として神経細胞に効果があるだけでなく、中鎖脂肪酸は、糖尿病を予防する働きがあるホルモン(アディポネクチン)を増加させるといわれています。
また、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞等の要因となる悪玉コレステロールを増加させる活性酸素を除去する働きもあるそうです。
それだけでなく、緑内障の改善にケトン体の効果もあるので、高齢者や認知症の方の強い味方になるかもしれませんね。
★アルツハイマー型認知症の最新情はこちらから・・・★
http://www.alznyc.org/nyc/newsletter/
Event
★高齢者住宅経営者連絡協議会主催の第2回シンポジウム開催★
~【今、伝えたい 終の住まいの役割】~
日時 5月15日 13:00~16:00
場所 日本教育会館
参加費は無料です。
「高齢者の住まいについてもっと深く知ってほしい」そんなメッセージを込め、高齢者住宅を運営企画する事業者の代表が集まり、それぞれの開発の考え方や運営にかける熱い思いを発信します。
基調講演には三好春樹氏を招き、認知症ケア、新しい視点と題してお話を伺います。
詳しくはこちらから・・・
http://kokeikyo.com/archives/889.html

社団法人認知症高齢者研究所
Senior Dementia Institute

〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央20−14 松本ビルB館 4F
TEL:045-949-0201 FAX:045-949-0221
Copyright © 2011 Senior Dementia Institute. All Rights Reserved.


PAGE TOP